新着情報

人間関係ミーティング「職場におけるハラスメント」

Category : 活動の軌跡

10月3日、札幌法務局より人権擁護事務に携わる職員の方をお招きし、「職場におけるハラスメント~これってセクハラ?」と題した人間関係ミーティングを開催しました。講義では、職場におけるハラスメントの中でも相談の多い「パワー・ハラスメント」 「セクシュアル・ハラスメント」 「マタニティ・ハラスメント」について詳しくご説明いただきました。どのような言動がハラスメントに当たるか、被害者・加害者にならないためには、どうすればよいか。上司として部下として、共に働く仲間同士として、力を発揮しやすい環境づくりをしていく時に大切なことを教えていただきました。

夏期体験学習等報告会を行いました

Category : 活動の軌跡

10月6日(土)2,3限、体育館にて夏期体験学習等の報告会が行われました。
12のプログラムに参加したのべ22名の高校生たちが、中1から高3までの全校生徒を対象にそれぞれの体験を報告し、気づきや課題を分かち合いました。
 姉妹校を含む聖心女子学院主催の海外・国内研修から他団体主催のリーダー研修までバラエティに富んだ内容に、高校生はもちろんのこと、これからの活動に期待を寄せる中学生も目を輝かせて聞き入っていました。
 来年夏に実施される研修の募集は年明け2月から順次始まります。それぞれのプログラムの特徴をふまえた上で慎重に検討し、多くの皆さんが応募してくれることを期待します。

 今回報告のあった研修は以下の通りです。

 SOFISワークショップ、カンボジア体験学習、フィリピン体験学習、韓国体験学習、フランス Faces of the Heart、シアトル夏期集中英語プログラム、オーストラリア姉妹校短期交換留学、台湾インターナショナルキャンプ、JCI少年少女国連大使、きらめき未来塾、SGHグローバルリーダー育成サマーキャンプ、富士登山

SGH研究発表会が開催されました

Category : SGH

10月5日(金)にSGH研究発表会が開催されました。
株式会社伊藤園顧問の笹谷秀光氏の講演からスタートいたしました。一人一人が意外と身近なことに取り組むところからSDGsの目標達成に向けて前に進んでいけるのだということを示唆していただくことができました。

また、各学年がグローバルイシューズ(GI)という科目でどのようなことに取り組んでいるかをプレゼンや動画発表、ポスターセッションなどで発表いたしました。
参加者の皆様からは、「共生」に向けて色々な課題があることを知ったと言うお声や、調べることだけに留まらず、課題解決に向けて高校生自身が動き出していることは素晴らしいなど、お褒めのことが頂戴することが出来ました。これからのGIの取組に対して、生徒の皆さんに大いに励みとなったことと思います。

中学1年の生徒がSDGsについて発表してきました

Category : その他

10月6日、北海道大学にて開催された「集え!未来のまちづくりリーダー~サスティナブルな未来のために~」の「『サスティナブルな未来』~私たちができることとは」というセクションにおいて、中学1年グローバルクラスの村上さんがSDGsについてのプレゼンテーションを行いました。小学校6年生の時にJCI少年少女国連大使に選ばれてツアーに参加し、ニューヨーク等世界各地を訪れながら現状について学び、SDGs達成のための解決策について考えた活動の実践報告でした。中学1年生の時から世界の問題について自分の考えを発信していくのは素晴らしいことです。

 企業やユースによる取り組みについて学び意見交換したり、自分たちに何ができるかを同世代の学生をはじめさまざまな立場の人々と話し合ったりと、長い時間をかけて理解を深めていく活動でした。次世代を担う生徒たちの積極的な活動を応援しています。

中学2年 1分間スピーチ発表会

Category : 活動の軌跡

中学2年の総合学習で1分間スピーチ発表会を行いました。

自分が興味を持った新聞記事の内容について1分間でまとめ、全員が発表しました。また、お互いの発表を聞き合い、相互評価しました。

校長先生・教頭先生にも見ていただき、かなり緊張したようですが、やり遂げた後の笑顔が印象的でした。

ポイントをしぼってまとめることや分かりやすく伝えることの難しさを感じつつ、大きな達成感を味わう機会となりました。

この経験を今後の中学卒業研究につなげていくことができますように。

中学1年 課題研究ネイチャーゲーム

Category : 活動の軌跡

秋晴れの今日、中学1年生の総合学習(課題研究)ではオリエンテーション後、校庭に飛び出し、ネイチャーゲームを行いました。これから課題研究を進めていく上で、机に座って文献をきちんと読むことはもちろん重要ですが、視点を変えて考えること、体験を通して学ぶこと、伝えることもとても大切です。校庭の森の中に隠したぬいぐるみは、学年皆で協力して全部見つけることができました。一本の木を選んでその形を真似してポーズをとり、どの木を表しているかを皆で当てるゲームもしました。今日のプログラムを終えた生徒の感想です。  

 

「ただいつも通りに見るだけではなく、斜めから見たり、普段あまり見ないようなところに目を向けて探すことができました。この学習を通して色々な視点から物を見るのも面白いなと思いました。」

「ありそうだなと思ったところに必ずあって、3~4個見つけました。そういう『ありそう』と推測することが大切だということは国語や作文などでも同じではないかと思いました。そして、一部分だけ見るのではなく、全体を見て、大切なところを見つけることも大切なのではないかと思いました。」

「木がありすぎてどの木を表しているか全然わからなかったけれど、周りにあるものを見ながら物事を考えたり、探求したりすることも大事なんだと思いました。」

「自分の見方だけでなく相手のことをわかってあげたり理解してあげるのも大切だと思いました。」

SGH研究発表会を開催いたします(再掲)

Category : その他

『2018年度SGH研究発表会』を2018年10月5日(金)開催いたします。

【講演】   「SDGsの目標を達成していくために、未来を担う高校生に期待すること」
       講師 笹谷秀光 氏(株式会社伊藤園 顧問)

【研究発表】 高1 プレゼンテーション        
           「人との共生」をテーマとした探究学習の成果を発表    
       高2 動画発表        
                            「自然との共生」を果たす上で人々に訴えかけたいこと
          について作成した動画を発表
                   高3 ポスターセッション        
                            「共生」を果たすために自ら設定した課題、
          およびその解決に動いた「アクションプラン」の実行について報告

詳細の確認、参加のお申込、学校バスご利用の方は下記のリンクをクリックして下さい。

詳細の確認

参加申込

学校バスのご利用について