新着情報

その他の記事一覧

姉妹校連携ページを公開しました

Category : その他

聖心女子学院には6つの姉妹校があります。

各姉妹校はそれぞれの特色を活かしながら「聖心女子学院姉妹校 教育ネットワーク」を構成し、
教育的な連携を行っています。

国内外でのさまざまな経験を通して、グローバルな視点で物事を捉えて行動できる
賢明な女性の育成をめざしています。

姉妹校連携ページはこちらをご覧ください。

中村 哲先生を悼む

Category : その他

12月5日(木)追悼 中村哲先生 4日、パキスタンとアフガニスタンで30数年間人道支援に取り組んでおられた「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲先生が襲撃により、逝去されたとの報に言葉もありません。 本校40周年記念講演においで下さった時、親しくお話して、「聖人とはこのような方のことだ」と強く感じたことが忘れられません。 揮毫して下さった色紙の「誰も行かねば行く。誰もやらねばする。」という言葉は、アメリカで最初の女子大Mount Holyoke College(当時はキリスト教女性宣教師育成の神学校)を創立したMary Lyon女史の"Go where no one else will go, do what no one else will do"(「誰も行かないところに行きなさい。だれもやらないことをなさい。」)にちなんだお言葉です。  中村哲先生の深い想いが伝わる色紙を眺めながら、その献身のご一生を想います。 修道院では、本日、夕のミサを先生のため、またご遺族とペシャワール会の方々、先生が命を懸けられた現地の方々のためにおささげします。

セントクリストファーホスピスとシシリーソンダース女史

Category : その他

10月20日(月)  しばらく本校に滞在されたダブリンの聖心の卒業生Mrs. Denise Bradyが英国に帰国されました。 先週は、宗教の授業で、長年働かれたロンドンのセントクリストファーホスピス(St. Christopher's Hospice)やその創設者で「近代ホスピスの創始者」と言われるシシリー・ソンダース(Dame Cicely Mary Strode Saunders)女史についてお話されました。パワーポイントは「あなたはあなただからこそ大事なのです。人生の最後の瞬間まであなたは大事なのです。」(“You matter because you are you and you matter to the last moment of your life”)と言うソンダース女史のお言葉で始まりました。死と向き合う人々のケア(世話と看取り)だけでなく、ケアに関する研究と教育の場として、また、死と向き合う一人ひとりの家族や友人たちも大切にケアするその精神と実践を学びました。 また、11月にダブリンで予定されている高校卒業50周年の同窓会を楽しみにされ、聖心で育まれた友情が宝だと話して下さいました。授業の後、生徒たちからの質問やコメント、手紙を大変喜ばれました。 高校三年生の案内で、寄宿舎も熱心に見学されました。

夏期体験学習・研修等報告会が行われました

Category : その他

 10月5日(土)2、3限には、この夏、国内外の体験学習や研修に参加した生徒たちの報告会が行われました。11のプログラムに参加した、のべ40名もの生徒からは、自分たちの経験をただ分かち合うだけでなく、そこで得た気づきから今後どう行動するかのアクションプランまでが共有され、一人ひとりの生き方に刺激を与える時間となりました。
 来年度の募集に向けて、自分が何に関心を持っているのか、これからどう生活していくべきかを考える機会となったようです。

 今回報告した体験学習・研修は以下の通りです。
   タイ体験学習、カンボジア体験学習、フィリピン体験学習、韓国体験学習、
   オーストラリア姉妹校短期留学、JCI少年少女国連大使、SOFISワークショップ、   
   SDGs高校生未来会議、グローバルリーダー育成サマーキャンプ、
   平和スタディツアー、シンガポール少年少女交流事業

Sr.Joyが訪問されました。

Category : その他

 ローマの聖心会本部に属し、 世界レベルの聖心会のホームページを作っておられるSr.Joy Luzが訪問されました。

 シスターはまた、聖心会の人権・環境題等の問題と取り組むJPIC委員として活躍され、札幌聖心の生徒たちが取り組むSDGsに関する様々な取り組みの報告を熱心に聞かれ、 高く評価されました。

 そして、スライドを使いながら、「札幌聖心の生徒たちが、 神様によって祝福され、 同時に人の欲によって破壊されている世界において希望のつくり手になるためには」というお話をされました。「互いに足を洗い合う」「世界を変え、自らも変わること」「共通の家である地球への配慮」など、 現在の聖心の教育の4つの呼びかけについてお話しされ、「皆さんは今の報告によってすでに始めていることがよくわかりまし た。続けてください。」とおっしゃいました。また、AIがもつこ とができないものとして、共感と思いやり、創造性、 多様な角度から論理的に理解する思考力や、 問題の複雑性を理解して解決にあたる力とほんとうの価値観、 すなわち愛の使命を挙げられました。そして、「 それこそ聖心の生徒が身につけてほしいものです。」 とお話しされました。その後中学1年生の授業見学でSDGsの英語劇を楽しまれ、午後は生徒のご案内による学校、 寄宿舎見学をされました。