新着情報

8月28日 全校朝礼 留学生の紹介

Category : その他

台湾とインドネシアから留学生が来ました。

それぞれ高校2年生のクラスに入って、一緒に学校生活を送ります。

お互いに異なる文化に触れ、留学生にとっても本校生徒にとっても有意義な体験となることと思います。

8月22日 環境科学ミーティング

Category : SGH

8月22日(水)、札幌市環境局環境都市推進部環境計画課長、松本尚様を講師にお迎えして、 環境科学ミーティング「次世代につなぐ環境都市SAPPORO~持続可能な開発目標(SDGs)って何だろう~」が行われました。本校でも取り組んでいるSDGsについて、行政の立場から詳しいお話を聞かせていただきました。終了後にも積極的に質問する生徒の姿が見られました。

 

本校生徒がラジオに出演します!

Category : アクションプラン

ヘアドネーション普及活動を行っている、高校3年生の秋林瑠々さん、近藤くりあさんがラジオに出演します!
8月24日(金)11時42分~47分 エフエムしろいし(83.0MHz)
(『金曜ブラブラ白石情報局』の『地域にプラスプラス』というコーナー)
みなさま、ぜひお聞き下さい!

SOFISに参加してきました

Category : 活動の軌跡

8/2(木)~4(土)の2泊3日でSOFISに参加してきました。今年度の会場は不二聖心女子学院(静岡県裾野市)でした。

SOFISとは国内の姉妹校の名称の頭文字をとったもので、その内容は社会問題に関するワークショップです。
今年度は「気候変動に具体的な対策を(SDGs 13)」をテーマに、各姉妹校が割り当てられた具体的な事項について調査・研究し、プレゼンを行いました。また、広大な不二聖心女子学院の敷地をまわり、身近に押し寄せている自然環境の変化に触れてきました。その他には大学の先生をお招きしての講話や、環境活動を積極的に推進しているリコー(RIKOH、コピー機等でおなじみの)の事業所を訪れ、リサイクル事業を中心にフィールドワークにも出かけ、大変充実したプログラムとなっていました。

最終日には、聖心で大切にしている振り返りと分かち合いを行い、そして姉妹校で連帯して気候変動に対する対策に取り組むことになりました。

生徒たちの声が学校に戻ってきました

Category : その他

長い夏休みが終わり、今日から授業がスタートしました。 全校集会では、校長先生から次のようなお話がありました。 ・新任の英語教諭紹介 ・熱中症や豪雨などの被害・休み中の研修(登山、海外体験等) ・校舎の施設設備の更新(LED、ロッカー等)

これからの4か月が、まさに聖心の実りの秋です。気持ちを新たに頑張りましょう

9/30(日)帯広地区学校説明会開催!

Category : 入試情報

帯広地区学校説明会を開催いたします。

本校の教育理念や進路、高校生活、寄宿舎の生活等について説明します。
また、学校生活や入学試験等に関する個別相談も実施します。

ぜひお気軽にご参加ください。

9/30(日)10:00~11:00
会場/とかちプラザ
帯広市西4南13
TEL/0155-22-7890

帯広地区学校説明会の詳細・お申し込みはこちら

9/29(土)釧路地区学校説明会開催!

Category : 入試情報

釧路地区学校説明会を開催いたします。

本校の教育理念や進路、高校生活、寄宿舎の生活等について説明します。
また、学校生活や入学試験等に関する個別相談も実施します。

ぜひお気軽にご参加ください。

9/29(土)14:00~15:00
会場/釧路市生涯学習センター(まなぼっと幣舞)
釧路市幣舞4-28
TEL/0154-41-8181

釧路地区学校説明会の詳細・お申し込みはこちら

7/31~8/1 姉妹校合同「富士登山」に参加しました。

Category : その他

 姉妹校では3年に1度実施される「富士登山」に今回は総勢44名の生徒が参加し、札幌聖心からは3名が登山にチャレンジしました。 初日、6班に分けたパーティーは、富士宮口ルートの5合目までバスで移動し、一般登山客で混雑していましたが、雄大な景色を眺めながら一歩一歩登りました。夕方に8合目の山小屋「池田館」に到着し、雲海の大パノラマはまさに絶景そのものでした。翌深夜1時30分からゆっくりと山頂を目指し、ついに頂上にゴール!4時45分頃に神々しく光を放つ「ご来光」にみな感動いっぱいの瞬間でした。
 参加者は初めての富士登山を体験し、体力と忍耐力が鍛えられ、1つの目標を成し遂げる達成感を味わいました。また、姉妹校の仲間との新しい絆を深めることができ、大変有意義な2日間となりました。

SGH東京研修 報告②

Category : SGH

24日火曜日の二日目は、難民を助ける会を訪問しました。

難民とはどういう状況に身を置いているか、またその人一人ひとりに個別の事情があることを

想像しながら、「あなたならどうするか?」というディスカッションを行いました。

その日の午後は、宿舎で振り返りと分かち合いの時間をとりました。

それぞれの場所で聞いてきた内容のすり合わせや、新たにわいてきた疑問などについて

まとめていきました。また、自分たちの経験を、同級生をはじめ多くの生徒たちと共有をする使命を果たすため、

どんな内容をどのようにまとめたらよいかという話しあいも行いました。

 

夜は、この春に卒業した大学1年生3人が遊びに来てくれました。

大学生活の事や、高校生活でのアドバイスなど、楽しくためになる時間を過ごしました。

 

最終日は東京入国管理局を訪問しました。難民の定義から始まり、日本の難民受け入れの姿勢やその方針についての

お話を詳しく伺うことができました。いろいろな立場から一つの物事を見ることの大切さに気づく時間でした。

 

どの団体の方もいつも忙しい中、時間を割き、対応してくださっていることに感謝の気持ちでいっぱいです。

10月5日(土)に研修の発表報告が待っています。参加した生徒たちは、人との共生のために私たちができることが

何かを考え、多くの人にシェアしていけるように準備を進めていくことと思います。

改めて、この研修に携わってくださった各団体の皆様をはじめ、全ての方々に感謝申し上げます。