新着情報

活動の軌跡の記事一覧

8月7日(金)平和を祈るピアノソロ

Category : 活動の軌跡

広島平和祈念館を訪問して衝撃を受けた1人のアメリカ人女性によって1982年に創立された核兵器廃絶を訴える国連NGO The Ribbon International(リボン・インターナショナル)による今年8月の原爆投下75周年平和祈念の大規模な行事のために、本校からもリボンを作成して送りましたが、コロナのために中止となりました。

代わりに8月1日にアメリカ、日本各地を結んでZoomが行われ、本校高3生児玉優子さんが、平和を祈るピアノ演奏で出演しました。反響が大変大きく、ぜひ見たいと言われる方も多いため、ホームページで紹介することになりました。

こちらからご覧ください。

【全校講話】SNSの利用の仕方や注意点について

Category : 活動の軌跡

毎年行われている「SNSの使用の注意点について」の全校講話を開催しました。

例年は中高合同でお話を聞いていますが、今年度は感染症の予防のため、中高別で一人一人の間隔をあけての開催となりました。

SNSの使用で起こりやすい友人とのトラブル、匿名だからと気軽に書き込みをしても発信者が追跡されてしまう点、知らない人と簡単につながり事件に巻き込まれる事例などをお話しいただきました。

また、使用時間や使用方法などのルールを決めることが大切であるというアドバイスもいただきました。

これから夏季休業に入り、スマートフォンやパソコンを利用する時間が増えることが予想されます。
トラブルに巻き込まれないためにも、使用のルールなどについて、ご家庭で今一度話し合いの場を持っていただければと思います。

 

7月30日(木)平和祈念 サイレント・ウォーク

Category : 活動の軌跡

 7月30日(木)平和祈念 サイレント・ウォーク

 ニューヨークから知らせが届きました。

 昨年夏、姉妹校交流SOFISワークショップで、核兵器廃絶を訴える国連NGOリボン・インターナショナルが今年8月に行う原爆投下75周年記念の平和祈念のサイレント・ウォークのためにリボンを作り、今年2月に国連研修生が国連本部で田野純国際代表にお渡ししました。

 8月1日の大規模な行事はコロナのために中止となり(代わりにZoomが行われ、高3生児玉優子さんがピアノ演奏で出演します。)ましたが、7月25日に準備委員会メンバーが、聖心生が作ったリボンをもってサイレント・ウォークをされたことをお知らせいただきました。写真はニューヨーク図書館で掲げられる聖心生のリボンと最後に国連前のDag Hammarskjold Plaza(ハマーショルド広場)で 黙祷を捧げる委員会メンバーです。

中学2年 理科「イカの解剖」

Category : 活動の軌跡

中学2年の理科の授業では、無脊椎動物について学んでいます。今週は「アサリ」と「イカ」の解剖を行いました。生徒たちは、魚介類の放つ臭気に驚きながらも協力しながら作業を進め、興味に目を輝かせてじっくりと観察していました。五感を使って学ぶことで、多くの気づきを得、学習はさらに深まっていきます。

聖心の教育では、自然科学の分野において「できる限り実物の観察」を行うことを大切にしています。

中学2年 思春期ヘルスケアについての授業を行いました

Category : 活動の軌跡

中学2年生では、7月28日に思春期ヘルスケアについての授業を行いました。 札幌市では「思春期ヘルスケア事業」として、保健師の方による特別授業や教材の貸し出しを行っていて、本校でも昨年度から授業の一環として取り組んでいます。今年度は保健の担当教諭が思春期のヘルスケアと生命の大切さについて授業を行い、その後、グループに分かれて赤ちゃん人形の抱っこ体験と妊婦体験ジャケットの着用を行いました。

生徒の感想の一部を紹介します。

「今日、赤ちゃん抱っこ体験と妊婦体験をして、お母さんの大変さが分かった気がしました。妊婦体験ジャケットを着ると、下がよく見えなかったり、すごく重くて仰向けに寝ることができなかったりで普段の生活でよくやることも難しくなるなと思いました。赤ちゃんの「ゆうたん」を抱っこする時も首を先に支えるなど抱っこの仕方にも順番があって大変でした。この体験でお母さんはやっぱりすごいとあらためて思いました。」

「ジャケットはとても重くて行動するだけでも大変だということや寝る体勢が一番楽だと思っていたけれど、実際は椅子に座っているほうが楽だということに気づいたり、本当に行動するとなると1人では難しいんだ!とあらためて思いました。」

「性について学んだり、赤ちゃん抱っこ・妊婦体験など、いつもはできないよい体験ができました。性のことを理解したうえで異性と関わったり、生活することが大切だと思いました。」

「赤ちゃんは今回は人形でしたが、もし本物だったら泣くし、動くんだと想像していると、深夜、夜泣きがすごく寝不足になると母が言っていたことを思い出し、これは大変なことだと思いました。これから電車などで妊婦さんがいたら席を譲ろうと思いました。」

「今日の授業では、あらためて親への感謝でいっぱいになりました。」

平和の祈り

Category : 活動の軌跡

7月23日(木)
核兵器廃絶の思いをリボンでつなぐ国連NGO「リボン・インターナショナル The Ribbon International」が今年8月の原爆投下75周年に計画していた「核戦争のない世界」を祈るパレードのために、昨年夏に、「平和への願い、核戦争を阻止したい」という願いを表すリボンを作りました。
このリボンは今年2月に国連研修生がニューヨークで、国際代表の田野純様にお渡ししました。今回コロナ禍で、パレードは中止になりましたが、代わりに8月1日にZoomが企画されることになったそうです。田野様と文通している高3生の児玉優子さんが、ピアノの演奏を依頼され、今日平和の祈りを込めて「花は咲く」の演奏を録画しました。8月1日は心を合わせて平和を祈りたいと思います。

中学2年千歳川清流下り・サケのふるさと千歳水族館へ

Category : 活動の軌跡

中学2年生は、7月16日、校外学習に行ってきました。中学2年生では、川の流域の生態系を学ぶと共に、自然に直接触れることで、日常の学習内容をより深めることを目的として、千歳川清流下りとサケのふるさと千歳水族館見学を行っています。

千歳川清流下りでは、自然を全身で感じながら、思い切りはしゃぎ、楽しみました。水族館では、サケや北海道の淡水魚について学び、千歳川の水中を直接見ることのできる日本初の施設「水中観察ゾーン」では、季節の生き物たちの営みを間近に観察することができました。

 

 

 

 

 

 

 

中学1年 北海道盲導犬協会講習会

Category : 活動の軌跡

7月18日(土)北海道盲導犬協会より講師をお招きし、中学一年を対象に講習会を開催しました。

これまで、教頭先生のパピーウォーカーの体験談や、映画鑑賞などで盲導犬について学んできましたが、今回の講師の方から視覚障がい、盲導犬、盲導犬協会の業務などのお話を伺いさらに知識が深めることができました。

毎年恒例の目隠しをしながらの歩行体験などは、感染予防の観点から今回は出来ませんでしたが、実際に盲導犬を間近で見た生徒たちは嬉しそうにしていました。最後の質問コーナーでも生徒たちは活発に質問をしていました。

最後に、梅干し弁当の募金を寄付させていただきました。

 

北海道盲導犬協会の皆様、ありがとうございました。

 

7月10日(金)中学1年生の聖母戴冠式、みこころのご像前の祈り

Category : 活動の軌跡

 今年度は新型コロナ感染症対策のため、聖母月(5月)の聖母戴冠式(聖母に祈りの花冠をおささげする行事)を行うことができませんでした。中学1年生がこの行事を体験できるようにと、本日の宗教の時間に、校庭で実施しました。中学1年生はSDGsを学んだ後、聖母の体験が、現代のホームレスや難民、迫害や差別を受けている人々の体験にもつながり、苦しむ人々の母として聖母が共にいて下さると知り、アヴェマリアの祈りを学びました。  
 校庭にあるルルド(フランス、ピレネーの巡礼地にある聖母出現の場のレプリカ)まで、「アヴェマリア」を歌いながら行列し、花冠をお捧げして祈りました。
 最後に、イエスのみこころのご像の前で祈り、「疲れた時、重荷を負う時私のもとに来なさい。」「決してあなたを一人ぼっちにしない。」というイエスのみこころのメッセージが、「誰も置き去りにしない」というSDGsのモットーと重なることをあらためて思いました。祈りの姿勢がとても見事だと校長先生にほめられた中学1年生です。