新着情報

活動の軌跡の記事一覧

4/9 中学校・高等学校 合同入学式

Category : 活動の軌跡

2019年度がスタートしました。 本校体育館において、10時から入学式 14時から始業式を実施しました。 今年の学校目標は「MAKE A DIFFERENCE」です。生徒一人一人それぞれが目標をもって大きく成長することを願っています。

合同入学式

始業式

 

中3ニュージーランド研修⑦

Category : 活動の軌跡

3週目はあっという間に過ぎました。 130ページに及ぶ英語のテキストと宿題をこなし、スピーチ原稿を仕上げました。 2分間スピーチはニュージーランドと日本の違いについて、それぞれに良かったです。 最後の授業は、Sacred Heart のジュリー先生のドラマの授業。 「さぁ、女優になったつもりで、挨拶してちょうだい。女優はね、目をそらしてはダメよ!肩を下げて!」 これは、サヨナラパーティの良い準備になりました。 おかげでサヨナラパーティは大成功。皆よく頑張りました。

 

 

ニュージーランド研修⑥

Category : 活動の軌跡

週末にかけての学習はNZの地理と歴史。ちょっと難しかった。 午後からはワイカトミュージアムへ。 ミュージアムではニュージーランドの歴史や文化についての展示を見たり、ワイカト地域の産業、酪農のシステムを勉強したり、自ら牛となったり(⁇)、特別展の絵本”Scarface Claw”の原画の数々を見てからその本の「読み聞かせ」をしていただいたり、あっという間の1時間半でした。 翌日はワイトモケイブ遠足。マオリ語でワイWAIは水、トモTOMOとは地面にできた穴のこと。石灰質の土地の地下にできた大きな鍾乳洞がたくさんあるところです。マオリの人々が神聖な場所と信じた場所でもあります。今は観光名所でもあり、青白く光る土ぼたる(ヒカリキノコバエ!の幼虫)の洞窟探検です。光の届かない真っ暗な洞窟の天井にglow wormが群生し、それははまるで天の川か、あるいは満開の夜桜のようでした。なかなかカメラにおさめられず、皆の心に焼き付けました。別の鍾乳洞ではカテドラルと呼ばれれている昔マオリの人々にとっても祈りの場所で、ハレルヤを大合唱しました。響きがよくて感動的でした。 来週は日本なんて信じられない気持ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中3ニュージーランド研修⑤

Category : 活動の軌跡

KIWIANAとは、ニュージーランドらしさを示すもの、身近なニュージーランド文化、習慣を指す言葉です。食べ物、服装、住宅など生活様式や価値観などを表します。今週の学習のテーマはまさにKIWIANA。 皆が大好きなお菓子Pinapple LombやJaffa, 意外と大丈夫と感じる人が多かったMarmite。甘い甘いPavloba、大人気のChips &Dipなどを実際に味わったり、まだあまり使いこなせないけれどidiomやslangを習ったり。 そして、火曜日の午後はTe Rapa Primaryschool に出かけて、10歳のKIWi Kids と楽しい時間を過ごしました。 一緒にshared lunch をしてから真剣に鬼ごっこ、それからKIWIANA cooking! 目の覚めるような鮮やかなクリームなどでカップケーキとをデコレーションしました。最後はお礼に持ち歌?の桜を歌ってお別れしました。

 

 

 

 

 

 

札幌市SDGsフォーラム

Category : 活動の軌跡

3月23日(土)、札幌市SDGsフォーラム「持続可能な"暮らし方"って何だろう?~『消費』から考える私たちの生活~」が開催され、先日本校を卒業した高3の須藤あまねさんが、「市内中高校生SDGsの普及に向けた取組」の事例紹介をしました。

その後のパネルディスカッションでは、須藤さんに加えて中1の村上心さんもパネリストとして参加し、小6の時にJCI少年少女国連大使に選ばれてツアーに参加し学んだ経験と、その後のSDGs普及活動について報告しました。

二人とも自分たちの実践についてしっかりと語り、会場の皆さんから大きな拍手をいただいていました。

より良い社会を築くことに貢献する姿は、まさに本校の教育理念を体現しているようです。

若い世代から社会をより良く変えていこうとする力を頼もしく感じます。

中3ニュージーランド研修④

Category : 活動の軌跡

1週間の学習の締めくくりは、ハミルトンからバスで1時間半ほどの観光地ロトルア遠足です。 最初にAgrodomeで羊ショーを見学、次にロトルア湖を一望できるMt.にゴンドラで登り、リュージュで滑り降りたりして遊び昼食。 それからマオリ文化を知るための施設Te Puiaに行きました。 熱心に見学し、元気に返事する彼女達はいつも人気者です。 休み時間にはいくつか面白い写真を撮って楽しんでます。渾身の3枚をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

3/22 カナダ研修報告(高1、高2)

Category : 活動の軌跡

月曜日からESL英語クラスがはじまりました。 Emily先生はとても明るく、楽しく授業を進めてくださり、 6人のバディもサポートしてくださっています。
この日はサキのバースディ。サプライズでバースデイハットやTi m Hortonsのドーナツを用意してくださり、みんなでお祝いし ました。
各自ホストファミリーに用意していただいた昼食をとり、 午後はスクールバスに乗って近くの大きなショッピングモールに行 きました。各グループに分かれ、「もっとも高い商品は何ですか? 」など、5つの質問の答えを探します。
まだ時差ボケで夜によく眠れないという声もちらほら聞こえますが 、皆初日とは思えないほど伸び伸びと授業を受けていました。

 

-

火曜日は、トルドー首相の母校でもあるブリティッシュ・ コロンビア大学のキャンパスツアーに参加しました。立命館大学の交換留学生3名が大学内を案内してくださいました。 1時間のツアーではとてもまわりきれないほど広い広いキャンパス で、あらゆる人種の学生さんが学んでいます。 カフェテリアで昼食をとった後、午後はMuseum of Anthropology at UBC も見学しました。この日もお天気に恵まれ、素晴らしい一日となりました。

 

--

中3ニュージーランド研修③

Category : 活動の軌跡

3月20日水曜日は、マオリの文化とニュージーランドの動物を学んだ後、 ハミルトン動物園に出かけました。
ニュージーランド固有種の鳥や、 南半球の色々なサルなどオリエンテーリング感覚で動物園内を散策 。

3月21日木曜日は、学校の水泳大会に参加。
皆競泳には参加できませんでしたが、積極的にプールに入り、 バディと一緒にシンクロもどきのダンスに参加しました。

兎にも角にもみな意欲的に取り組んでいます。

 

 

中3ニュージーランド研修①②

Category : 活動の軌跡

3月15日、霙の降る札幌・新千歳から出発した中3(新高1)Gは成田で2人が合流し9人でNZに向かいました。 旅慣れた?生徒達は11時間の機内生活をそれぞれに楽しんで過ごし、11時にオークランドに到着。入国審査にドキドキしながらこれも無事に通過し、オークランドからハミルトンにバスで向かいました。 途中マクドナルドでのお昼休憩(若干高めに感じます)の後、2時半にハミルトンのSacred Heartに到着。そこでMeg先生とホストファミリーに会って、別れました。 長旅でしたが、皆比較的元気で、よく食べよく笑い、よく歌っています。 明日からの学校生活が楽しみです。

3月18日、8時45分、生徒9人は無事遅刻もせず、集まってきました。

Meg先生は、熱心な方です。
午前中の授業は、どのようにsurviveするか、I'm fine.以外にどんな表現で気分を表したら良いかを練習しました。
皆意欲的に取り組めました。
 
午後からはショッピングセンターで与えられた課題を解決するとい うアクティビティに勤しんでいました。
無理ないペースで1日を終えていました。

3/13 終業式

Category : 活動の軌跡

日時 3月13日(水) 体育館
1.表彰伝達式
 多くの生徒が、英語検定や漢字検定に挑戦し結果を残しました。次年度もさらなる上を目指してチャレンジしてください。
千歳科学技術大学主催のスピーチコンテストに置いて、優勝、2位を獲得しました。また、各種作文コンクールにおいても賞をいただきました。

2.校長先生のお話
 2018年度が終了しました。この1年、生徒たちは聖心の学校が大切にしている「気づき」と「ふりかえり」からたくさんのことを学び、それを皆で分かちあうことによって素晴らしく成長しました。修了式では他者をおもいやること、心が伝わるコミュニケーションをとること、国内外の出来事に関心をもつこと、新しい学年に向けてしっかりと学びの準備をすることを話しました。新しい仲間とともに、皆がそろって元気に新学期を迎えることができるようお祈りしております。

3. 離任式
 今年もまた、本校の生徒のために大変ご尽力された先生方が離任されます。花束贈呈し感謝の気持ちを伝えました。先生方の今後のご活躍をお祈りいたします。