新着情報

活動の軌跡の記事一覧

2/18 スキーデー

Category : 活動の軌跡

高校2年生から中学1年生までの5学年で、札幌国際スキー場に行ってまいりました。

スキーデー(遠足)のこの日は、それぞれグループに分かれて好きに滑ることができます。また、スキー学習で学んだことなどを発揮する場にもなりました。

天気にも恵まれ、晴天の中、各々が気持ちよく滑ることができたようです。

 

寄宿生と雪まつりに行ってきました!

Category : 活動の軌跡

2月8日、中学生の寄宿生を中心に雪まつりに行ってきました。

この日はこの冬一番の寒さでしたので、スキーウェアに毛糸の帽子、ホッカイロで私たちも完全防備で出かけました。
ライトアップされた雪像はどれも美しく、大雪像の迫力には圧倒されました。
マイナス13度という極寒の中で味わう温かいココアも格別でした。

生徒は、車いすで会場にいらっしゃっている方の介助のお手伝いをしたり、
外国人観光客の方に英語で道案内をしたりと周囲の方々に目を配り、自然とお手伝いをしていました。

生徒の暖かさにふれた雪まつり見学でした。

高1GIポリシーディベートの実践が行われました

Category : 活動の軌跡

後期の高校1年生GIでは、10月からポリシーディベート(日本語)に取り組んできたメンバーがいます。

テーマ「難民条約の日本の定義を変更すべきである」と「(日本における)外国人介護福祉士の資格要件を緩和すべきである」の2つについて、4チームが「肯定側」「否定側」に分かれて調査を進め、昨年11~12月に一度目の実践を行いました。

その後、同じテーマについて肯定と否定の立場を交代し、今年1~2月に二度目の実践を行いました。

一度目よりも二度目の方がチーム内での役割分担や協力体制、試合の進め方に進歩と工夫が見られ、どの試合も白熱したよいものとなりました。

この学びが今後に生かされることを願っています。

札幌聖心女子学院高等学校第51回卒業式

Category : 活動の軌跡

日時 2019年2月9日 10:30~

 

会場 本校体育館

 

第51回卒業式卒業証書授与式を挙行いたしました。

 

入学した6年前・3年前がつい先日のことのようにも思えますが、生徒たちはここで多くのことを学び、成長し、今日、卒業を迎えましました。

卒業生のみなさん、保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。

高校3年生卒業週間(5日目)

Category : 活動の軌跡

卒業週間の最後として、小野有五先生(北海道大学名誉教授、北星学園大学教授)の講演会が行われました。先生の娘さんは本校の卒業生です。ご自身の経験談から、“Imagine and Have a Dream!”とのあたたかいメッセージをいただきました。自ら行動することで道が開けるというお話もいただき、生徒たちはチャレンジすることの大切さを学ぶことができたことでしょう。

明日はいよいよ卒業式です。

 



高校3年生卒業週間(4日目)

Category : 活動の軌跡

午前中は、札幌市防災協会から講師をお招きして、救命講習を受講しました。

止血法や胸部圧迫、人工呼吸、AEDの扱い方などを教わり、人体模型を使用しての実習に励みました。
すべての課程を修了し、一人一人に受講証が交付されました。
 「もしもの時」に咄嗟に行動できるよう、日頃から今日の振り返りを大切にして欲しいと思います。

午後からは本校の司書である新田先生によるブックトークと、姉妹会による送別会が行われました。

ブックトークでは是非読んでほしいオススメの本の紹介や、
先生ご自身が読んでみて興味深かったことをエピソードも交えながらお話していただきました。

送別会では、下級生達が趣向を凝らした出し物で高3生を楽しませてくれていました。

高校3年生卒業週間(3日目)

Category : 活動の軌跡

3日目は「宗教発表」がありました。
この宗教発表では、自分が受けてきた3年ないしは6年間の聖心での教育を「一文字」で表し、その意味するところを発表します。
その一文字一文字に、その意味することに皆が共感し、思いを共有していました。

その他には、円ブリオ北海道さまによる「いのちの授業」や、代表者4名による「卒業研究発表会」が行われました。

高校3年生卒業週間(1日目・2日目)

Category : 活動の軌跡

高校3年生の卒業週間が始まりました。

2月4日(月)からの1週間は、卒業前の高校3年生に対して特別プログラムが行われます。

 

1日目(2月4日(月))

午前は茶道裏千家・加藤マチ子先生を講師にお招きし、作法について教えていただきました。

午後は茂仁香会の入会説明会、国民年金課の方からの年金のお話、卒業式のための歌練習などが行われました。

 

2日目(2月5日(火))祈りの日

札幌教区、上杉神父様と祈りのときを過ごすとともに、「感謝」をテーマにお話しいただきました。生徒たちは、6年間、または3年間の札幌聖心での生活を振り返り、一緒に過ごした仲間やお世話になった方々への感謝の気持ちを改めて確認し、それぞれが言葉に表しました。最後はみことばの祭儀で一日を終えました。

Welcome to Sapporo Sacred Heart School‼

Category : 活動の軌跡

2月2日(土)午前 毎年、中学校2年グローバルクラスでお世話になっている

聖心インターナショナルスクールの お二人の先生が学校を訪問してくださいました。

ご主人のグリフィス先生はいつも特別に、理科の授業をしてくださいます。目の錯覚の仕組みを

3D映像を結びつけて分かりやすく教えてくださいました。

奥様のグリフィス先生は、ミドルスクールの校長先生です。この国内留学を受け入れてくださるために、

学校のさまざまなところでご準備くださっている方です。

1月にお世話になったばかりの、中2グローバルクラスに立ち寄ってくださいました。

生徒たちは、この訪問を知らされてから練習した校歌と聖歌1曲ずつを披露し、

感謝の気持ちを精一杯お伝えしました。 とてもほめてくださり、うれしい時間でした。

ご夫妻の北海道での滞在が素晴らしいものでありますように。