新着情報

中学2年「札幌市思春期ヘルスケア事業」妊婦さん体験・赤ちゃん抱っこ体験をしました

Category : 活動の軌跡

2月25日、札幌市思春期ヘルスケア事業として、中央保健センターの保健師 金美奈子先生から「大切な生命について考えてみましょう」と題してお話をいただきました。先生は、「性の問題はふざけたりうやむやにしたりせず、きちんと考えるべき問題だ」とお話を始められ、思春期の心と体の変化や10代の妊娠、アンケート結果をもとにした実情についてご説明をされました。そして、これまで育ってきた環境に感謝し、「受け継いだ自分の生命を大切に、一度しかない人生をよりよいものに」と締めくくられました。思春期の今だからこそ重要なお話でした。後半は、妊婦ジャケットを着用して妊婦さんがどのくらい大変かを実感したり、赤ちゃんの人形の抱っこ体験を行いました。

 

 

2月20日(木)2019年度NY国連研修

Category : 活動の軌跡

今日は、2月10日~17日のニューヨーク国連研修生の帰国後最初のミーティングがありました。 聖心会が国連に持つNGOでのワークショップで、聖心の教育の使命と国連の使命が重なることを学び、国連日本政府代表部や、国連広報局、国連開発計画事務局、ユニセフ事務局を訪問してSDGsや難民問題、女子の教育問題、共生についてなどお話を伺い、開催中の第58回国連社会開発委員会関連の市民社会会議やホームレス問題についての会議に参加して、考えました。昨年の国連生の呼びかけで作られた核兵器廃絶の願いを意思表示した手製の横断幕(リボン)を、原爆投下75周年のイベントで使っていただくためにリボンインターナショナル代表にお渡しました。  またNYの聖心Convent of the Sacred Heart 91st St. 訪問交流と、ホストシスターとのハーレムの保育所でのボランティア活動、ホームステイなど、様々な活動や研修の研修の結果をこれからのアクションプランに実らせていきます。

 

 

円山小学校に英語出前授業に行ってまいりました。

Category : 活動の軌跡

高校1年生の6名の生徒が円山小学校に英語出前授業に行ってまい りました。
4年生の児童さんを二つのグループにわけ、 2レッスンを行いました。
テーマは小学校で使っている教材のUnit9"This is my day.”「ぼく・わたしの一日」です。
I wake up.  I wash my face.  I take out the garbage.  I go home.  I finish my dinner. など8つの表現をジェスチャーと合わせて練習しました。
Listening, Speaking, Reading など色々な活動を通して楽しく学ぶことができました。
小学生の皆さんは、 オールイングリッシュの授業に戸惑うこともなくどの活動にも積極 的に参加してくれました。 小学生の英語力に驚く高校生たちでした。

【EDU FES北海道に出展します!】

Category : その他

2/22(土)に開催される「EDU FES北海道~いろんな教育、つながる、はじまる~」に出展団体の一つとして参加します!

学校・企業・NPO ・地域団体といった様々な立場で教育に関わる方々がブースを構え、イベントに参加された皆さんと直接じっくりお話させていただきます!

札幌聖心女子学院の展示ブースのほかにも、全国的にも進んだ取り組みをしている方々によるパネルディスカッションを行う講演ブース、様々なコンテンツを体験する体験ブース、出展者と参加者での交流を行う交流ブースなど、様々な企画があります!

多くの皆様のご参加をお待ちしています。
お知り合いにもご紹介いただけると幸いです。

▼EDU FES北海道~いろんな教育、つながる、はじまる~ 開催概要
日時:2/22(土) 11:00-17:00(開場:10:30)
場所:ジョブキタビル(北海道札幌市中央区南1条西6丁目20− 1)

▼イベントのすべてが分かるWEBサイトはコチラ!
https://edu-fes-hokkaido.wixsite.com/lp-top

第52回高等学校卒業証書授与式が行われました

Category : 活動の軌跡

 

  2月8日(土)深く降り積もった雪がまばゆい晴れた日に、第52回高等学校卒業証書授与式が行われました。グローバルクラス、ソフィアサイエンスクラスの31名の生徒たちは、カトリック札幌司教区勝谷太治司教様、父の会会長東重満様を始めとするご来賓の方々、保護者の皆様、シスターズ、教職員、在校生たちに見守られながら、母校となる札幌聖心女子学院での最後の時を過ごしました。  在校生代表伊藤初音さんの感謝の言葉にはほほえみを返しながら耳を傾けていた卒業生たちも、卒業生代表寒河江さんの謝辞には涙が止まりませんでした。心から信頼し合える仲間との出会いは、この3年間6年間の恵みであり、生涯の宝です。  この春からそれぞれの道に進む卒業生たちの行く末が、厳しい世の中にあっても夢と希望に満ちたものでありますよう、心よりお祈りしています。  52回生の皆さんと過ごした日々を私たちも忘れません。どうぞお元気で。そして、いつでも顔を見せに戻ってきてください!

笑顔の色を広げようプロジェクト(聖ソフィア祭実行員会)

Category : 活動の軌跡

2019年度の聖ソフィア祭では、実行委員会と姉妹会の共同企画として「笑顔の色を広げようプロジェクト」を行いました。

学校祭と校内祭で私服を着用することで生まれる楽しさや嬉しさを社会と共有したいと考え始まったこの企画は、本校の生徒や学校祭にお越しになったお客様にも受け入れていただき、支援する3団体(日本赤十字社、NPO法人J.POSH、社団法人国土緑化推進機構)への関心を深めるきっかけとなりました。またこの企画に賛同して集まったお金は、各団体に寄附しています。

先日、皆さまからいただいたお金を寄附した団体から感謝状等をいただきました。

改めて、皆さまご協力ありがとうございました!

中3の英語の授業に留学生がやってきました。

Category : その他

現在、高校1年生、高校2年生のクラスに短期留学中の4名の生徒(メキシコ聖心2名、台湾聖心2名)が自分の国、自分の学校について発表をしてくれました。
海外の姉妹校でも同じ聖画が飾られていたり、Lily Procession(百合の行列)やクリスマスのお祝いなど姉妹校として同じ行事を行っていることに一体感を感じました。
夏には札幌の生徒が台湾の姉妹校へ短期留学にでかけます。いつか札幌からメキシコにも生徒が行くことを願っています。

中学2年グローバルクラス ISSH国内留学⑧

Category : 活動の軌跡

中学2年グローバルクラスは、10日間の聖心インターナショナルスクール国内留学を終え、1月24日(金)無事に札幌に帰りました。

1月23日(木)は午前中に5年生と6年生の演劇の大変上手な発表を鑑賞しました。

その後に同じ聖心インターナショナルスクールの幼稚園を訪問し、一緒に楽しくあそびまました。毎年本校にアーリーサマーコースの指導に来てくださっているMs. Moonのクラスで、インドネシアからいらした聖心会のシスターもいらっしゃいました。

午後は小学校1年生のクラスに参加させて頂き、数字や計算のゲーム、メッセージカード作成などを一緒にしました。理事長のシスター宇野も見に来てくださいました。

ISSHでのすべての授業を終え、校長先生や担当してくださった先生方にお礼のご挨拶をしました。涙で別れを惜しむ生徒たちもいました。

1月24日(金)無事に全員で新千歳空港に到着しました。

 

~最終日の振り返りより~

Today was the last day of ISSH.  I was so sad.  I made a lot of friends and they were so kind.  I don't want to go back to Sapporo. (R. S.)

I want to keep in touch with the friends of ISSH.  I want to keep using English after I come back to Sapporo. (A. S.)

I don't forget this ISSH program.  I learned lots of things throughout this program.  (Y. S.)

I became more confident in my English than before I came to ISSH.  (N. K.)

I'm going to pray for the friends in ISSH.  I want to study English harder after I come back to Sapporo. (N. Y.)

I'm so sad.  I don't want to leave. I want to do my best in studying English. (K. M.)

中学2年グローバルクラス ISSH国内留学⑦

Category : 活動の軌跡

中学2年グローバルクラスは、聖心インターナショナルスクールに国内留学中です。

22日(水)は朝礼で札幌聖心の学校紹介とよさこいソーランの披露をしました。練習の成果を発揮してとても良い発表ができ、大きな拍手をいただくことができました。

社会の授業ではアイヌについて学んでおり、ISSHの生徒にアイヌについて説明することができました。

日本語の授業では先生のお手伝いをすることができました。

ISSHから学寮に戻って食事をしているときに、“Let’s speak only in English!”という声が上がり、自分たち同士でいるときもずっと英語で話していました。

明日はISSHでの最後の授業のため、一週間お世話になった友達にお礼の手紙を書きたいと言って、それぞれ何通もの手紙を英語で書いていました。

〜振り返りより〜

We taught 5th and 6th graders Japanese at the Japanese class.  I was happy to see them study our language eagerly. (K. A.)

I tried to speak English more and make new friends since we are leaving the day after tomorrow. (R. S.)

After the YOSAKOI dance performance, one of the classmates said to me, “You’re a good dancer!” I was so happy to hear that. Tomorrow is the last day at ISSH. It’ll make me sad but I want to enjoy myself tomorrow. (O. T.)

I couldn’t understand almost anything in English last week, but suddenly today I’m able to listen to English words. I’m very happy I can understand what the teachers and my classmates say in English. (M. S.)